豊かな人生を送るには、ある程度の資産と幅広い教養が必要です。

資産を増やし、多くの教養を身に着けるための情報発信サイト

*毎週金曜日更新*

野口 紀美

お城カタリストの城語り

日本には現在もかつての姿をとどめている城が12箇所あるという。古くは国府の守備の拠点として、そして武士の時代には、武士の居住地と敵からの侵入を防ぐためのバリケードとして作られた日本の城は、やがては政治の拠点としてその役割を変えてきた。シリーズ「お城カタリストの城語り」は、お城カタリストの野口紀美氏が、城の歴史にスポットを当て、我が国の歴史や文化を分かりやすく解説する。

天守の防御とセキュリティのしくみ

姫路城(兵庫県)

城の中心的な建物である天守には、さまざまな防御の仕掛けが施されています。
例えば「狭間(さま)」。
狭間とは、攻めてくる敵を弓矢や鉄砲で攻撃するためにつくられた小さな穴です。天守の壁面だけでなく、櫓や塀などにもたくさんつくられます。一般的に、長方形の大きなものは弓矢の攻撃に使う「矢狭間(やざま)」、丸や三角・四角の小型のものは鉄砲用の「鉄砲狭間(てっぽうざま)」です。丸・三角・四角とバランスよく配置された姿は、デザイン性が高く見た目も楽しめますが、狭間は、城を守るうえで最も基本的で重要な軍事設備なのです。

 

城内で狭間を見つけたら、ぜひのぞいてみましょう。
狭間は、手前から奥に向かって口径が狭くなる「アガキ」という技法でつくられています。これは敵の攻撃から身を守りながら、こちらからの視界を広くする工夫です。親指と人差し指で小さな円をつくって覗いてみてください。普通に見るよりその円から覗いた方が、焦点が絞られて視界がはっきり見えると実感できるはずです。内側の開口部が広いので、弓矢や鉄砲を自由な角度に向けることができ、広い射撃範囲を確保できるという利点もあります。

姫路城/天守の狭間(上)と塀の狭間(下)

天守に設置された狭間には蓋がついており、ふだんは蓋を閉めていました。上の姫路城の写真のように、蓋を閉めていても狭間の在処がはっきりとわかるので、敵も警戒して近づかない抑止力があったのではないでしょうか。

 

彦根城(滋賀県)の天守には、姫路城のような狭間が一切ありません。狭間ではなく違ったセキュリティ対策をしているのかと思ったら、なんと「隠し狭間」になっているのです。
隠し狭間とは、薄い土壁で狭間の開口部をふさいで外壁と一体化させている狭間のこと。敵が近づいたら内側から壁を突き破って攻撃するという、なんとも戦闘的な仕掛けです。
見た目は優美で華やかな彦根城ですが、内側から狭間を眺めると、城を守り抜こうとする熱い闘志を感じることができます。彦根城に行ったなら、ぜひ外と内の戦闘モードのギャップを体感してみましょう。

岸和田城(大阪府)/本丸隅櫓の袴腰型石落と出窓型石落

狭間の次に代表的な天守の防御設備は「石落(いしおとし)」です。
石落は、石垣の上の天守や櫓から床面を張り出した設備で、床の部分が細長く開いています。石落の名前の通り、敵に対して石を落して防御する設備と言われますが、実は鉄砲狭間が石落の本当の役割。つまり、狭間の変化形なのです。
石落は、鉄砲の銃身が入り、敵から侵入されない20cmほどの幅でつくられています。開口部からは鉄砲を自由に操ることができ、狭間の死角をカバーできるという利点があります。

 

石落は外観の形から、3つの種類に分類されます。
1つは、裾が広がったような形をした「袴腰型(はかまごしがた)」。この石落が一番よく目にする形でしょう。2つ目は、まるで雨戸を収納する戸袋のような形をした「戸袋型」。そして、張り出した出窓の下を開口させて石落にした「出窓型」の3種類です。
死角の具合やスペースによって、同じ城でも違った種類の石落が採用されています。「どうしてこの場所は袴腰型ではなく戸袋型なのだろう?」と考えながら歩いてみるのも面白いものです。

高知城(高知県)/天守1階の石落と忍び返し

最後に、日本で唯一高知城(高知県)の天守だけに現存する、貴重な防御設備をご紹介します。それは「忍び返し(しのびがえし)」という、侵入者を防ぐ槍のように尖った鉄製の棒です。忍び返しは現在でも侵入者対策として活用されていますが、高知城にはその原形のような仕掛けが完全な形で残っているのです。

 

「お城に行ったら、攻める側になってお城を眺めてみよう」という言葉を耳にします。それは、城が攻撃の拠点ではなく、防御の拠点だからです。守り抜くため、生き残るためにつくられたのが城なのです。防御の仕掛けを知って城を歩いてみると、きっと以前とは違った目線で城を眺めることができるでしょう。あなたなら、どんな仕掛けで守りますか?