豊かな人生を送るには、ある程度の資産と幅広い教養が必要です。

資産を増やし、多くの教養を身に着けるための情報発信サイト

*毎週金曜日更新*

石本 秀雄

我が国を想う

世界的に見ても安全な平和国家として知られるわが国日本だが、多くの問題が内在している。コメンテーターが判で押したように通り一辺倒なコメントしかしない時事ニュースをはじめ、様々な話題に切り込む、シリーズ「我が国を想う」。国を愛する筆者がいま一度世の中に真を問いただす!

アメリカ軍を戦慄させ、我国を救った神風特別攻撃隊~徹底して隠蔽された特攻の戦果②~

Ⅵ.沖縄戦における特攻。 沖縄戦では、後1週間特攻が続けば、アメリカ軍は尻尾を巻いて逃げかえっただろう、と言われています。アメリカ兵の戦意は失われ、厭戦気分が漂っていました。あるアメリカ海軍提督は「もしカミカゼ攻撃があと …

戦艦「大和」

Ⅵ.沖縄戦における特攻。

 

沖縄戦では、後1週間特攻が続けば、アメリカ軍は尻尾を巻いて逃げかえっただろう、と言われています。アメリカ兵の戦意は失われ、厭戦気分が漂っていました。あるアメリカ海軍提督は「もしカミカゼ攻撃があと一週間も続いていたなら、この戦いの流れは大きく変わっていただろう」と述べています。

アメリカ太平洋艦隊司令長官ニミッツ元帥は、「わが海軍がこうむった損害は、戦争中のどの海戦よりも、はるかに大きかった。沈没三十隻、損傷三百隻以上。九千人以上が死傷した。この大損害は、主として日本の航空攻撃、とくに特攻攻撃によるものであった。」こう語っています。また五月上旬頃に、参謀本部にあてて「沖縄上陸戦は、日本軍の特別攻撃隊による損害がいちじるしいために、上陸を中止して他方面に向かいたい」と上陸を中止して撤退を要請していたのです。また一向に進まない地上軍の侵攻に業を煮やし、地上軍指揮官バックナー中将に対して、「海軍は1日に1・5隻の割合で艦船を失っている。5日以内に第一線が動き始めなければ、貴官を更迭する」と命令しています。

 

アメリカ軍の情報統制が厳しく、我軍はそのことを知りませんでした。特攻が始まってから、太平洋艦隊司令部はニュース報道に対して、戦争中でもっとも厳重な検閲を行うようになったのです。

 

本土決戦準備に備え航空戦力温存策による作戦機の枯渇により特攻は減少していきました。もしその情報を持っていれば、沖縄を最後の決戦場とし全兵力を投入していたでしょう。アメリカ軍を撃退し、少しでも有利な条件での講和は十分可能だったと思います。

 

https://biz.datadeliver.net/receiver/file_box.do?fb=8b766836865e410aae601b7c84b c7cb1&rc=ca64c73b865f43dca25f7dfacf7a102d&lang=ja

 

この番組で、元アメリカ兵が、「理解できない。」「野蛮な戦術。」「命を軽んじた行為。」「間違っていますよ。」という証言がありました。米軍は、原爆や焼夷弾による都市攻撃で、非戦闘員を何十万人も殺しているのです。軍事目標に体当たりするのと、どっちが野蛮で、どっちが命を軽んじているのか、どっちが間違っているのでしょうか。「理解できない。」のはわかります。私も理解できません。宗教的、文化的に違うのだから、これはやむを得ないのでしょうか。

 

この番組は最後の方で、「米国人は、特攻が理解できない。」「日本人は、原爆を使って非戦闘員である女、子供、年寄を無差別に殺す事が理解できない。」と客観的に放送しています。反日ありきで、客観性などどこにもないNHKは、爪の垢を煎じて飲んだ方が良いのではないでしょうか。

 

また、 「脅威でした。」「まともじゃない。」という証言もありました。NHKなどは、

 

「特攻は、恐怖は与えたが、戦果は上がらなかった。」という放送をしています。特攻を犬死にしたいのでしょう。実際は、戦果も上がりましたが、恐怖を与えるだけでも意味があります。敵の戦意を喪失させる事は、戦う上で、重要な作戦の一つです。

 

そういう意味でも特攻は大きな意義があったと思います。

 

現在、我国国民の脳みそにはお花畑が咲き乱れ、「平和だ。平和だ。戦争はいけない。」と平和念仏を唱えれば、平和がやってくると思わされています。こうやって国民を戦えない腑抜けにすることで、国民は戦意を失っていきます。敵国の思惑通りです。戦意を喪失させるには、様々な方法があるのです。こういう事も、国民は知っておく必要があると思います。

 

Ⅶ.桜花。

 

「桜花」と呼ばれた特攻機がありました。

 

一式陸攻か銀河という爆撃機の胴体にぶら下げて、敵艦近くまで近づき、そこからは「桜花」が自らのロケットエンジンで、突入していくという特攻専用兵器でした。馬鹿爆弾、非人道的な兵器、殺人を目的としたきちがい兵器、戦果は全く上がらなかった、など散々に酷評されています。果たしてそうだったのでしょうか。

 

実はアメリカ軍は桜花を最も恐れていました。なぜか。一旦母機の爆撃機を離れると、時速800Kmの速さで飛んでくるため、戦闘機で撃墜する事は不可能で、対空砲火のまぐれ当たり位しか期待できなくなります。そして100%近く命中します。即ち母機の爆撃機を離れてしまうと、アメリカ軍はどうしようもなくなってしまうのです。だから、迎撃戦闘機に、桜花を積んだ爆撃機を見つけたら、真っ先に攻撃するように命令していたのです。

 

そしてアメリカ軍が最も恐れていたのが、桜花の航続距離が延びる事と地上から発射される事です。桜花の航続距離が延びれば、それだけ迎撃戦闘機が撃墜できる可能性が減り、地上から発射されれば、完全に何もできなくなります。アメリカのテレビ番組は、桜花が自力で飛行すれば、もはや誰にも止められない。と放送しています。

 

それに対して、NHKは「人間爆弾桜花」と言う番組で、桜花を積んだ爆撃機は、重さで動きが鈍くなり、迎撃戦闘機の絶好の餌食になった。にも拘らず、桜花による特攻を止めようとしなかった。と放送しています。NHK得意の事実の一部だけをつまみ出し、人命軽視の狂気の作戦であると国民に擦り込みたいのでしょう。アメリカ軍が気付いている事は、当然我軍も気付いており改良が進められていました。終戦時に書類は全て焼却された為、現実に、どこまで改良が進んでいたかはわかりません。

 

産経新聞は、米軍が撮影した桜花の地上発射施設を宇佐市の市民団体が米国立公文書館で見つけたという記事を掲載しました。記事には、搭乗員40名が集められ昭和20年8月15日に完成式をする予定だったと書いてあります。実用化に近づいていた事は推測できます。

 

アメリカのテレビ番組は、本土決戦に5,000機の特攻機が用意されていた。人的損害は計り知れないものになっていたであろう。と伝えています。桜花が無くても、米軍は逃げ帰っていた可能性は十分あります。もし、地上発射型の桜花が本土決戦に間に合っていたら、ほぼ間違いなく米軍は逃げ帰っていたでしょう。アメリカのテレビ番組の言うように、正に誰にも止められないからです。迎撃戦闘機も対空砲火もほとんど役に立ちません。100機出撃すれば、ほぼ100機命中したでしょう。

 

私は本土決戦をすればよかったと言っているのではなく、桜花はNHKの言うような馬鹿爆弾ではなく、乾坤一擲、戦局挽回の秘密兵器になりえたという事です。

 

※神風特攻隊_桜花.mp4 (25.84MB)

https://biz.datadeliver.net/receiver/file_box.do?fb=bd1c51e2f28f4551b9696dd2 ca212bce&rc=06108265319e4f70ad54c0790d5bc731&lang=ja

 

この番組の中で、「桜花は連合軍の想像を絶する脅威と成り得る存在でした。」

 

「その速度は砲手も狙う間がないほどでした。」と放送しています。一旦、母機を離れると、撃墜はほぼ不可能となる事を、よく理解しているのでしょう。

 

また「十分な援護があれば、成功するとは思いましたね。」「ただ真の威力を示すほどの戦果は上がりませんでした。」とも放送しています。要するに、母機に吊り下げられている状態であれば、動きの悪い母機は簡単に撃墜されるが、母機から離れてしまえば、こっちのものだ、という事です。直援機の援護が十分あれば、母機が桜花を切り離せる地点まで行ける可能性は高くなります。残念ながら、当時の戦況はそれを許しませんでした。そこで、前述したように、桜花の航続距離を伸ばすか、地上から発射するかの改良が研究開発されていたのです。

 

この様にこの番組は、NHKとは比べ物にならないくらい客観的でまともな番組です。NHKは、毎年8月15日前後に、反日プロパガンダ番組を多く流します。年々、質は落ち、量は増えていると思います。今年は、NHKスペシャルだけで7本放送しました。昭和天皇が南京大虐殺を認識していたなど無茶苦茶な番組ばかりです。

 

アメリカ目線のDiscovery Channelの方が、余程日本の事を理解しているというのは、どういう事でしょうか。やはり「NHKをぶっ壊す。」しかないと思います。

 

Ⅷ.戦艦「大和」出撃。

 

戦艦「大和」は、昭和16年12月16日に就役しました。排水量64000トン、全長263 メートル、全幅38.9メートル、エンジンは15万馬力、世界最大最強の戦艦として誕生しました。46センチ砲9門を備え、主要部は厚い装甲に守られ、「不沈戦艦」の名前にふさわしい戦艦でした。また、当時の最新技術が多数採用され、造波抵抗を打ち消す球状艦首や巨大な観測用の測距儀など最新鋭の装備が施されました。就役当初レーダーは装備されていませんでしたが、その後、漸次装備されていきました。

 

和は大艦巨砲主義の代表として、出撃の機会も無いまま、無謀な沖縄海上特攻に出撃し、あっけなく航空攻撃で撃沈された。海軍の愚かさの象徴として、また巨大戦艦だっただけに無用の長物の代表として、貶められてきました。果たしてそうだったのでしょうか。

 

前回も説明させて頂きましたが、我海軍は、昭和16年11月、開戦の1か月前、大和3番艦である信濃の建造を中断しました。昭和17年には、信濃を空母に改造する事を決定しています。大和4番艦は、材料が集められていましたが、この時点で建造中止を決定しています。我国の工業力を、潜水艦と飛行機に重点配分するためでした。

 

この時点では、真珠湾攻撃もマレー沖海戦も行われていませんでした。本当に航空優位の時代になるかわからない時の大英断でした。我海軍のどこがおバカな大鑑巨砲主義なんでしょうか。昭和17年8月武蔵の就役を最後に一隻の戦艦も就役していません。それに対して米海軍は、戦艦を建造し続けました。それ以降も8隻の戦艦が就役しています。終戦時でも6隻の戦艦が建造中だったのです。

 

武蔵以降、戦艦を建造しなかった日本海軍と終戦時なおも建造中であったアメリカ海軍とどっちがおバカなんでしょうか。最もおバカなマスコミ様に聞いてみたいものです。大和に関するもう一つのウソが、「出撃して活躍する機会が無かった。」です。

 

まずミッドウェ海戦です。この時は、出撃はしましたが、機動部隊の後方500kmをのこのこ付いてきては、艦隊決戦に間に合いません。当然、「順番が逆だ。これでは砲兵が前に出て、歩兵が後から付いていくようなものではないか。」という声も上がっていました。雷撃隊長の村田少佐は「あいつらは戦争を見物する気なんだろう」と発言しています。通常の艦隊序列通り、戦艦部隊が先に進み、空母部隊が後から付いてきていれば、大和の主砲が火を噴くチャンスはいくらでもありました。

 

前回も申し上げましたが、ガダルカナルの戦いにおいても、出撃の機会は何回もありました。

戦艦金剛と榛名は、ガダルカナルのヘンダーソン飛行場を艦砲射撃し大きな戦果を挙げました。 ガダルカナルの戦いの趨勢を決定づけたと言われている第三次ソロモン海海戦も、戦艦比叡、霧島が出撃しています。戦艦ワシントン、サウスダコタを含む米艦隊と砲火を交えました。我軍は孤軍奮闘したものの、この海戦に敗れ、ガダルカナルの敗戦は決定的となりました。また餓死者続出の原因にもなりました。大和、武蔵が出撃していれば、結果は間違いなく変わっていたでしょう。山本五十六は、ガダルカナルを決戦場と位置付けているのだから、大和、武蔵を出撃させるのは当然でしょう。陸海軍の将兵が、懸命に戦っている時に、山本五十六は、トラック島泊地の戦艦大和にいて、冷暖房付の部屋で音楽隊付きで飯を食っていました。四六cmの巨砲を抱えながら動かぬ大和を、将兵たちは陰で「大和ホテル」と批判したそうです。快適な「大和ホテル」での暮らしを放棄したくなかったのかと疑ってしまいます。

ガダルカナルのヘンダーソン飛行場を艦砲射撃した戦艦「金剛」

そして、レイテ沖海戦です。レイテ湾に上陸中の米輸送船団を殲滅すべく、大和、武蔵を含む栗田艦隊を中心に、囮の小沢機動部隊、志摩艦隊、西村艦隊が参加する一大決戦でした。

 

特攻隊の初出撃も、この作戦を成功させるためでした。囮の小沢機動部隊は見事に役割を果たして、米機動部隊をおびき寄せました。特攻隊も見事に戦果をあげました。全ては、大和を中心にした栗田艦隊をレイテ湾に突入させることが目的でした。その為に犠牲になったのです。にもかかわらず、栗田艦隊はレイテ湾突入を目前にして、敵前逃亡してしまいました。「罪、万死に値する」と言っていいでしょう。大和が、最大の真価を発揮する機会は奪われました。

囮となり敵の航空攻撃を受ける空母「瑞鳳」

そして、最後の出撃を迎えます。「戦うべきときに戦わなかった悲劇を感じる。」と渡部昇一氏は言っています。

 

昭和20年4月2日、我海軍が誇る戦艦「大和」は、沖縄に向けて呉を出撃しました。 軍民一体となって孤軍奮闘している兵隊さんや県民に届けようと食糧も満載し、献身的に奉仕してくれている女性たちに、生理用品から美顔クリームまで、出撃までの短い時間でかき集めたそうです。

 

目的は、「大和」が敵機の攻撃を一手に引き受け、神風特攻隊の攻撃を助けるためでした。万一、敵機の猛攻をきり抜けることができたら、敵上陸地点のまっただなかに乗りあげ、46センチ砲を撃ちまくり、敵に潰滅的な打撃を与えようというものでした。

 

7日昼頃から四波に亘る敵機の攻撃を受け、14時23分撃沈されました。

艦上爆撃機「彗星」

戦艦「大和」の最期

「大和」の出撃には、批判的な意見も多くあります。本土決戦の為に温存しておくべきだったかもしれませんが、私は、よくぞ出撃してくれた、と思っています。置いておいても本土決戦の前に撃沈された可能性も高いですし、結果論になるかもしれませんが、生き残っていたら、戦艦「長門」のように、見せしめとして原爆で処分されたかもしれません。

 

「大和」の出撃は、後世に生きる我国国民に、適切な言葉が見つかりませんが、何かを、残してくれたように私は思います。

 

大和に乗艦していた吉田満少尉は、「戦艦大和ノ最期」(初版)にこう書いています。

 

我ガ「大和」ハココニ戰鬪準備ヲ完了ス 一六〇〇出港旗艦「大和」 第二艦隊司令長官坐乘我ニ從フモノ九

「矢矧」「冬月」「涼月」「雪風」「霞」「濱風」「磯風」「初霜」「朝霜」悉(ことごと)ク百戰錬磨ノ精鋭ナリ

日本海軍最後ノ艦隊出撃ナルベシ 選バレタル精強十隻

(略)

本作戰ハ沖繩敵上陸地點ニ於ケル我ガ特攻機ト不離一體ノ作戰ナリ全艦、燃料搭載量ハマサニ往路ヲ滿タスノミ世界無比ヲ誇ル本艦主砲、砲彈最大限ヲ搭載シ氣負ヒニ氣負ヒ立ツ徹甲彈ヲ以テ輪送船團潰滅、三式對空彈ヲ以テ人員殺傷ヲ目睹ス全艦突入、身ヲ以テ敵海陸空勢力ヲ吸收シ特攻機奏功ノ途ヲ開カン更ニタダ突進敵ノ眞只中ニ「ノシ」上ゲ全員火トナリ風トナリ全彈打盡クスベシ若シナホ餘力アラバモトヨリ一躍シテ陸兵トナリ遂ニ黄土ト化セン世界海戰史上、空前絶後ノ特攻作戰ナリ

(略)

本作戰ハ遂ニ成功セズ 艦隊ノ過半ヲ失ヒ、途半バニシテ歸投ス聯合艦隊司令長官ヨリ感謝ノ詞アリ當隊ノ犧牲的勇戰ニヨリ特攻機ノ戰果大イニ擧リタリ、ト以テ冥(めい)スベキト雖(いえど)モ、作戰目的ヲ貫徹シ得ズシテ又何ヲカ言ハン或ヒハ戰術的考慮皆無、餘リニモ無暴ナル作戰ナリ、ト マタ發進時期尚早、マサニ至寶(しほう)ヲ放擲セルニヒトシ、トサハレ徳之島西方二〇浬ノ洋上、「大和」轟沈シテ巨體四裂ス 水深四三〇米乘員三千餘名ヲ數ヘ、還レルモノ僅カニ二百數十名至烈ノ鬪魂、至高ノ錬度、天下ニ恥ヂザル最期ナリ

 

昭和21年12月の雑誌『創元』に掲載される予定でしたが、当然の如くGHQの検閲に引っかかり、全文削除となりました。昭和27年8月に出版されましたが、大きく反日に傾いたものとなりました。

 

吉田満氏に限らず、大東亜戦争を命がけで戦った方々が、GHQによって反日に洗脳されていったのは、返す返すも残念に思います。

 

いつ死んでもおかしくない戦場で、多くの戦友を失い、大変な思いをして戦ってこられたことが、間違いだった、と刷り込まれていけば、あんな思いはもうさせてはいけない。反戦平和だ。となるか、口を閉ざしてしまうでしょう。

 

アメリカでは、第二次大戦を戦った退役軍人は、今でも英雄として讃えられています。当たり前の事です。所が我国では、英雄どころか、悪人扱いにすらされる始末です。一日も早く、その栄誉を回復しなくてはいけないと、思っています。

 

※アニメンタリー 『決断』 第24話 連合艦隊の最期.mp4 (67.86MB)

以下のURLからダウンロードしてご覧ください。期限=令和元年11月12日

https://biz.datadeliver.net/receiver/file_box.do?fb=95a6f25d3c6e4e659eba253f503 beb77&rc=30468a94456943e8905fd42d08baa6c1&lang=ja

 

Ⅸ.特攻が國體を守った。

 

いずれにせよ、特攻によって日本が救われた事は間違いありません。特攻が無ければ、どうなっていたでしょうか。

 

ルーズベルトは、無条件降伏しか認めない方針でした。嵩にかかって攻めてきたでしょう。特攻があったからこそ、アメリカ兵は恐怖に怯え、戦意を喪失していきました。先程述べたように、戦局挽回の可能性も十分にあったのです。

 

ポツダム宣言は、条件付きで降伏してくれませんか、と申し出てきたのです。高山正之氏は、勝っている方が、負けている方に、終戦を申し出るなど前代未聞と言っています。特攻をはじめ、硫黄島や沖縄でのすさまじい抵抗がそうさせたのです。そのおかげで、かろうじてギリギリの所で國體を維持する事ができました。

 

國體を守って散華する事が犬死なのか、人命軽視なのか。

 

人はいつか死にます。祖国の為に散華した特攻隊員と、特攻を犬死と貶める反日の人達と、犬死なのはどっちなのでしょうか。命の価値は、長く生きる事ではなく、何を成し得たかにあります。

 

Ⅹ.戦後の洗脳。

しかし、戦後のGHQの洗脳により、我国国民は腑抜けにされてしまいました。ケント・ギルバート氏は「日本人のマインド・コントロールはまだほとんど解けておらず、それが様々な分野に悪影響を与えています。最大の原因は、戦後の政治家と教育界、そしてマスコミのせいだと考えています。彼らは日本人でありながら、アメリカが始めた『精神の奴隷化』政策を放置したばかりか、GHQが去った後も、かえってそれを強力に推進したのです。」と書いています。

 

このまま洗脳が続けば、我国は中共の属国となり、ウイグルやチベットなどと同じ運命をたどり、滅亡するでしょう。そんな事になれば、特攻に散華した英霊の方々はじめ祖国日本の為に戦った全ての英霊の方々に申し訳が立ちません。

 

しかしながら我国は数千年に及ぶ世界最古の歴史を刻んできました。数千年に渡り受け継いできた民族のDNAが特攻を生んだとも言えると思います。そのDNAが70年やそこらでWGIPや、それを推進する反日マスコミに破壊されるはずが無いと信じます。

 

我国の敵であり特攻を侮蔑する反日マスコミに鉄槌を下し、たった一つしかない貴重な命を祖国を家族を守る為に捧げ、特攻で散華した英霊に報いる事が戦後を生きる我々の務めだと確信しています。